トヨタ クラウンを売る前に、査定相場を確認してみる

トヨタクラウン

あなたの愛車「クラウン」を売るなら、

 

その前に、買取査定価格を調べてみませんか?

 

約1分の簡単な入力で
複数社からの査定価格が分かります!(無料)

 

 

現在のクラウンの売値が分かれば

複数の買取業者からの一括査定なので、車の査定相場がすぐ分かる

車の買取価格が分かれば、下取りに出す場合でも有利に交渉できる

査定後、結果に納得できなければ、売却しなくてもOK

 

クラウンの査定結果が、大手10社(ガリバー・アップル・カーチス・カーセブン等)からすぐ分かる


クラウンはいくらで売れる?売却額upのポイントは?

トヨタクラウン査定比較

トヨタ クラウンを下取りや買取査定に出す時に、必ずチェックされる買取査定ポイントは

 

  • 車種名
  • 年式
  • ボディカラー(車体色)
  • 排気量(cc)
  • 走行距離(何km)
  • ナビの有無(ナビ付きかどうか)
  • 修復歴
  • 次の車検はいつか?

 

などがチェックされます。

 

 

ここで、マイナス査定されるかなーと勝手な思い込みで悲観的にならずに、

とにかく、試してみることです。10年前のモデル、2009年、2010年、2011年式でも思いの外、高額査定されることはよくあります。


クラウンを売りたいと思ったら・・・

トヨタクラウン

トヨタ クラウンの特徴

 

クラウンロイヤル

  • トヨタブランドを代表する高級車で、1955年以来の長い歴史を持つモデルで、いわゆるゼロクラウンは、12代目(180系)として登場。13代目(200系)と続き、14代目(210系)、15代目(220系)なら高価買取も期待できるでしょう。
  • 搭載エンジンは従来と同じV型6気筒で直噴DOHC仕様の3.0リッターと2.5リッターの2機種。
  • HDDナビ装着車でナビと協調した高度な制御も採用している。

 

クラウンアスリート

  • 走りを強調し、外観デザインはロイヤル系との差別化が進み、バンパー形状やメッシュタイプのフロントグリルなどがスポーティさを表現。
  • 搭載エンジンはV型6気筒で直噴仕様の3.5リッターと2.5リッターで、6速のスーパーECTとの組み合わせも

 

クラウンマジェスタ

  • トヨタブランドのフラッグシップモデル
  • 搭載エンジンはV型8気筒4.6リッターの自然吸気DOHCが基本で8速ATと組み合わされて後輪を駆動し、フルタイム4WDのi-Four には4.3リッターエンジンが6速ATとの組み合わせで搭載される

 

13代目(2008年~)は、先代のプラットフォームを引き継ぎながらも、ロイヤルとアスリートの差別化を進めました。ロイヤルはラグジュアリー感覚にスポーティムードを加味し、アスリートはスポーツ感覚を全面に押し出しています。フロントグリルの形状もそれぞれ異なり、ひと目で識別できるようになっています。エンジンは2.5Lと3.5LのV6直噴エンジンを搭載し、最高出力は215psと318ps、最大トルクは25.5kgf・mと38.7kgf・m。ハイブリッドも新開発の2.5L直4エンジンとモーターの組み合わせで、高い燃費性能を実現。システム最高出力は223psで、WLTCモード燃費は23.2km/L。走行性能もボディ剛性やサスペンションの見直しで向上させ、安全装備も充実しています。

 

14代目(2012年~)は、さらに新技術を投入するとともに、ロイヤルとアスリートの違いを鮮明化しています。王冠がモチーフの巨大なフロントグリルは、アスリート専用のアイテムとなり、パワートレーンは3.0L V6を廃止し、アスリートS専用の3.5L V6に8速ATを組み合わせて、高いスポーツ性を発揮。最高出力は314ps、最大トルクは38.7kgf・m。ハイブリッドは、2.5L 直4エンジンにダウンサイジングし、システム総出力220psとJC08モード燃費23.2km/Lを両立。走行性能では、オフセット形状のタイロッドエンドやトーコントロールアームで、コーナリング時の安定性を高めるなど、ハンドリングマシンとしての資質を強化。安全装備では、ITSコネクトを世界初採用するなど、環境の変化に合わせて充実しています。

 

15代目(2018年~)は、トヨタが掲げる「TNGA」(Toyota New Global Architecture)の一環として、新開発のGA-Lプラットフォームを採用。これにより、低重心化や重量軽減などが図られ、走行性能や安全性能が大幅に向上。デザインもよりシャープでダイナミックなものに変わり、ロイヤルとアスリートの個性も際立っています。エンジンは、2.0L直噴ターボエンジンや2.5L直4エンジンなどが追加され、最高出力は245psと184ps、最大トルクは35.7kgf・mと23.9kgf・mとなっています。ハイブリッドも改良されて燃費性能が向上。システム最高出力は226psで、WLTCモード燃費は24.4km/L。安全装備では、トヨタセーフティセンスPを全車に標準装備し、衝突回避や被害軽減などをサポートしています。

 

15代目(220系)となる伝統のハイクラスセダン。スポーティな「RS」とゴージャスなG-Executive、主要グレードの「S」、「G」の2タイプ。エンジンは2500ccと3500ccのハイブリッドと、2000ccターボ。シャシーをニュルブルクリンクで鍛え上げて、TNGAプラットフォームによる素直な運動性と静かなキャビンを両立。全車ナ ビ付き。
人気ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラック、プレシャスブラックパール

 

クラウンのグレード一覧

【〜13代目】
2.5ロイヤルサルーン、2.5ロイヤルサルーンGパッケージ、2.5ロイヤルサルーンアスリート、2.5ロイヤルサルーンアスリートG、3.0ロイヤルサルーン プレミアムエディション、ロイヤルサルーン i-Four、ロイヤルサルーンアスリート V、ロイヤルサルーンアスリート V i-Four、ロイヤルサルーンアスリート G i-Four、

 

【14代目】
2.5アスリート、アスリート G、2.5アスリートi-Four、アスリート G i-Four、、3.5アスリート、3.5アスリートG
クラウンマジェスタ Cタイプ・Aタイプ、クラウン ハイブリッド、
アスリートG−T、アスリートG i-Four、アスリートS、アスリートS−T、アスリートSi-Four、

 

2.5 ロイヤル、2.5 ロイヤル i-Four 4WD、2.5 ロイヤルサルーン、2.5 ロイヤルサルーン i-Four 4WD、2.5 ロイヤルサルーンG、2.5 ロイヤルサルーンG i-Four 4WD、
ハイブリッド 2.5 ロイヤル、ハイブリッド 2.5 ロイヤル Four 4WD、ハイブリッド 2.5 ロイヤルサルーン、ハイブリッド 2.5 ロイヤルサルーン Four 4WD、ハイブリッド 2.5 ロイヤルサルーン Four ブラックスタイル 4WD、ハイブリッド 2.5 ロイヤルサルーン ブラックスタイル、ハイブリッド 2.5 ロイヤルサルーンG、ハイブリッド 2.5 ロイヤルサルーンG Four 4WD

 

【15代目】
B、G、S、S スポーツスタイル、2.0 RS、2.0 RS Advance、2.5 RS、2.5 RS Advance、2.5 RS-Bなど。

 

15代目モデルの人気ナンバー1グレードは、2.5RS アドバンス。 続いて、2.5S エレガンススタイル(特別仕様車)、2.5S Cパッケージ。

 

 

クラウンの査定額は?  詳細はこちら

 

 

 

「200系 クラウンの売る値段がすぐ分かる」について
車検を検討中の方、車を売る予定の方、下取り査定に出す前に、売却査定の相場をチェックしてみませんか?一般的に、下取りより買取の方が高く売れると言われています。そこで、2007年(平成19年)、2008年(平成20年)、2009年(平成21年)、2010年(平成22年)、2011年(平成23年)、2012年(平成24年)、2013年(平成25年)、(平成26年)2014年、(平成27年)2015年、(平成28年)2016年、(平成29年)2017年、(平成30年)2018年、(平成31年)2019年、(令和2年)2020年、(令和3年)2021年、(令和4年)2022年、(令和5年)2023年式の中古トヨタ(toyota)クラウン(crown)を売る前に、一度に複数の中古車買取価格相場が分かる「オンライン査定」の利用をおすすめします。この一括買取査定システムは、全国の中古車買取ネットワークシステムを利用するので、時間・労力をかけずに、ネットで各社の売却価格が比較でき、簡単に車の売却相場が分かります。